X-H1 でフォーカスブラケット撮影して、1枚に合成してみた

写真をクリックすると拡大 (横2560pxですが) 表示するので注意。

こっから

X-H1 / 80mm / F8 / ISO400 / 1/420sec

ここまで

X-H1 / 80mm / F8 / ISO400 / 1/420sec

上の写真は、最初と最後の2枚。カメラ内 JPEG そのまま。

XF80mm F2.8 R LM OIS WR Macro を使用した被写界深度の浅いマクロ撮影、手持ちで撮った (若干のずれがある) 5枚の写真を、RAW 現像した後、Photoshop で合成してみました。+レタッチして、こんな感じ:

X-H1 / 80mm / F8 / ISO400 / 1/420sec

撮影時の位置ずれ、被写体に動きがある場合、ボケが大きい場合などなど、うまく一体化しないことはあるものの、手持ち撮影のものでも意外と頑張ってくれます。

ステップ数やシフト量は多少慣れと工夫が必要かもしれません。沢山撮っておくという手もありますが、必要以上に枚数を増やすと管理が大変になったり、撮影時間が長くなったりしますし。

フジのカメラでの注意点としては、合成後の画像は Lightroom の持つフィルムシミュレーションなプロファイルの適用対象から外れることでしょうか。RAW 用に用意されていて、完全再現とはいかないまでも、悪くない再現度なので便利なのですが、残念ながら使えません。

Iridient X-Transformer を通した DNG ファイルまでなら適用できるんですがね。予め適用しておいてから合成してみてもだめでした。

Lightroom Classic に読み込み済みの写真から生成する方法

既に読み込み済みの画像から合成・保存までの、多分一番簡単な流れ。Classic じゃない方は使っていないので知りません。以下、Lr は Lightroom Classic、Ps は Photoshop CC のことです。

  1. (私の場合)Iridient X-Transformer で現像します。Lr にて、使用したい RAF ファイルを全て選択し、[ライブラリ] → [プラグインエクストラ] → [Process Selected RAF(s) to DNG]。順次 DNG になり、ライブラリに追加されます。
  2. Lightroom にて、合成したい写真を全て選択する。(私の場合は1で生成された DNG ファイル)
  3. 右クリック → [他のツールで編集] → [Photoshop でレイヤーとして開く]
  4. Ps が起動して取り込まれる。
  5. Ps のレイヤー欄に全て取り込まれた事を確認したら、全てのレイヤーを選択。
  6. [編集] → [レイヤーを自動整列]。「自動整列」で [OK]。位置や角度が調整される。
  7. 全てのレイヤーが選択されたまま、[編集] → [レイヤーを自動合成]。「画像をスタック」で [OK]。
    「コンテンツに応じた塗りつぶしを〜」にチェックを入れておくと、整列の際にできた透明領域を適当に埋めてくれる。
  8. 結果を確認。
  9. 保存すると、Lr 側のライブラリに自動で取り込まれる。おしまい。
    別名で保存したり、ファイル形式を変えても自動で取り込まれるのでご心配なく。

標準だと TIFF で保存されますが、PSD なんかでも OK です。

レイヤーも含めて保存するとバカでかいファイルになるので、ファイル形式や内容などは適当にやってください。

コメントを残す

コメントは管理者が承認するまで表示されません。スパム、広告、一言のみ、無意味なコメントなどは承認されません。
以上に該当しないにも関わらず数日経っても表示されない場合は、再度投稿するか、メールでご連絡ください。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です